SPAR OMLOOP VAN Het Hageland

SPAR OMLOOP VAN Het Hageland (1.1)
初めてのクラシックレース。
チームの拠点から車で50分という
とても近い場所でした。
ベルギーにもドイツにも近いので、
移動にあまり困らない気はしています(気)
今回準備で一番、気にかけたのは
「ウエア」と「補給」です。
どのくらい寒いのか、熱くなるのか?
初めてで、想像ができないので
チームメイトのウエアの着方を参考にして
慎重に考えました。
今の私では、寒さから体力を奪われることは
影響が大きすぎるんです。
補給食と共に、最重要事項。
ウエアの重ね着技も、目から鱗。
マネして試し着してみて、
ロングシャツにアームウォーマーの重ね着で
いくことに。重ね着しすぎて苦しくて
スタート前に一枚脱いだり。笑

そんな寒さを心配していたのは
スタート前だけで
スタートするとフルパワー。
レースが激しすぎて
そこを考えるヒマなく。。
スタートオイルとイナーメオイルを塗って
補給食は、チームから出る「だろう」と思っていましたが、なかったので
メイタン6個をポッケに入れてスタート。

前に行くタイミングなんて待ってては
いけないと前半から何度も痛感しながらも
動けない状態が続き、
キツイ位置で、コーナーごとに
集団後方をヒラヒラし中切れを埋めて、、
そんな状態で、初の石畳へ突入!
スルスルっと抜かれる抜かれる。
石畳の走れなさに
自分でビックリしました。笑
700mの石畳で集団から千切れて、そこからは数人のグループになり、最終的には4人で回しながら、90kmの地点で降りました。

モヤモヤ感全開でレースおわり。
本当にデンジャラス!
こんなに落車が多いレースも初めてだし
コーナーの多さと道の幅の狭さとガタガタ感と。想像以上に、素晴らしかったです!!
ロードレース以上のベツモノ感を感じました。
「ここ曲がる?この道に入っちゃう?」
が繰り返しに。笑
レースができなかったので
クラシックレースの紹介みたいになりましたが
今回のレースを繋げるために、
現時点で出来ることは
改善して次のレースでチャレンジトライです。
スタート前とレース中の補給の改善。
エネルギーシステムをアタマに入れて、
摂るもの、摂るタイミング、もっともっといい方法を探ってトライ。
低血糖を防ぎつつ、固形物は注意して。
(レース中、何回か吐きそうになったので)
位置取りの改善。
中から上がれない。車道の端も。
上がるなら、両端のガタガタ歩道に上がって前へ。集団の流れを感じてみる。
レースをみて感じて
楽しめて走れる位置まで。
これが出来れば、エネルギーの消費、力の使い方も、いい方向につながるので、次のレースでは一番大事にしたいチャレンジです。


次のレースへの準備をします。
3月1日 GP Samyn (UCI 1.2)

じてんしゃのそばで

サイクルロードレースをしています、牧瀬翼です。 オランダのMaaslandster International 所属。

0コメント

  • 1000 / 1000