スペインレース4日目


ラストDAY!(115k)

7kの山を含む1周40kのコースを3周。(115k)

フラット(平地)なし!


1周目でコースを覚えて、
2周目から山でアタックにチャレンジしよう!
という甘い考えが見事に打ち消された
厳しい一日でした。


スタート直後1kから始まる
マウンテンでレースが決まるという、
私の経験上では、初めての速攻レース!


後ろからスタートした私は、
前に上がる前にレースが動いていて
前に上がったときには先頭集団30人が見えない🙃🙂🙃やらかした😑

総合順位の逆転を狙ったキャニオンチーム!


昨日のレースでは
会場入りが遅かったキャニオンチームが
今日は早く着いてウォーミングアップをしていたので、珍しいな!と思っていて知っていたにも関わらず気づかなかった自分😇😑
その他のチームも逆転狙っていたのに。


先頭集団を追いかけるしかないので
ゴールまで115k踏み切りました。


セカンドグループでも追いかけたい選手と
追いかけれない選手がいるので
集団の人数が多くても逆にうまく協調できないまま進みます。

「もう追いつけないから、ゆっくりいこう」
と、
イタリア人が集団に声をかけたので
「私は先にいくね」と50人以上の集団に
手を振って別れました。


アタックするときに手を振るとか。。
そしてイタリア人も「ジャポネーゼ!チャオ」と手を振り返され。。
ここからもう一人、登りが強かった選手との
2人でのチェイシング(追走)が始まりました。


抜け出すときに正しい判断か?
この瞬間にどう動けばいいか?
瞬間瞬間に判断力が必要ですが
それには、経験も必要です。
そしてそれが正しいかどうかは、
自分自身の強さで決まる「カモ」しれません。
(弱ければ「ムダ脚」と言われ
強ければ、いいレースができて「ストロング」と言われる。)


ということで、
2周目は2人で先頭交代!
追いつけないけど、全て出し切って踏み続けました。
自転車レースはチーム戦なので
最後まで何が起こるか、どんな展開になるかわからないので。



ガーミンメーターの平均ワットが
どんどん上がっていく!
(体重の4倍で3h30min踏みました)
トレーニング通り👆
レース4日目でもコンディションはいい🙃


ラスト15kあたりで
後ろから8人のグループが追いついてきて
そこから10人で先頭交代してゴールラインへ!(先頭から10分遅れ)43位。
(10分以上の差を覚悟していたので
びっくり)



コースも、レース展開も厳しかったのか?
この日、40人近くがタイムアウト(DNF)。


私は総合40位でスペインレースを終えました。

先頭集団で展開できる体力があっても
そこに至るまでのテクニックが必要です。
これは、ヨーロッパでしか学べない部分でもあるな!とロードしかやっていない私は改めて感じます。

(マウンテンバイクやシクロクロスのようなバイクコントロールのテクニックが必要)


あとはここでは「スマイル」が必要です!
最後までゴールまで戦ったチームメイトと。


チームとしては
「GOOD race」
私はチームの予想よりも良かったみたいで
全員から、声をかけてもらいましたが
私的には、
やはりもっと上で戦える手応えを、
去年にはなかった手応えを
確かに感じたレースだったので悔しいです!


シーズン始まったばかりなので
その手応えを、今シーズンは
眼に見えるカタチにして掴みにいきます。
メカニックと😉

今回、同じチームにジョインしてくれた
バァリ👆(バレンティーナ)

彼女とレースができるなんて
想像すらしていなかったので、
実は内心、めちゃくちゃ嬉しかったんです!

レース以外でも学ぶ部分が多くて
彼女の人間性に惹かれた4日間でもありました。

彼女から
「あなたはもっともっとレベルアップできる。レースに必要なマインドをあなたは持ってるから」
と嬉しい言葉を心に✨シーズン駆け抜けます!

またプロトン(レースの集団)で会いたいです。



次は1週間後にレースですが、
一旦ちょびっと帰国します😉

いつも
応援、メッセージありがとうございます✨

じてんしゃのそばで

サイクルロードレースをしています、牧瀬翼です。 オランダのMaaslandster International Team所属。

0コメント

  • 1000 / 1000