全日本選手権2019

雨の中の長時間の
応援ありがとうございました。

サポートありがとうございました。

遠い九州からも気にかけてくださり
ありがとうございます。

全日本選手権にピークを合わせて過ごす
2年目。



この日の為に365日過ごします。



TT 5位
RR 4位




負けた選手が書くレースレポートって
読むのも書くのも嫌なんで。笑


選手一人一人、違う考えや思考で
レースしてるので
勝手に自分枠にはめて
どうこう言いたくないのもありますが



レースは「結果が全て」です。



Yonamine選手のアタックに
一瞬躊躇したこと。


思っていたより早めのアタックに
最後まで自分の力が持つか躊躇したこと。


「躊躇するような準備しかできていなかった」


これが私の一年の全てです。






後半抜け出してでも追いかけたかったけれど
そんな力もなく、

力の差があるのに、
躊躇した一瞬の結果です。





これが
私がやってきた練習の結果。
私が過ごしてきた時間の結果。
取り組んできた想いの結果。




あまりにも
自分に対して腹立たしいレースにして
しまいました。

そんなレースをする準備しかできていませんでした。


そして
自分の程度さも知ることができました。



今回のようなレースは二度としません。









毎年、全日本で引退を考えています。


そうそう簡単に来年も選手として
やっていくことはできないので。

続けることは簡単ではありません。



今年もスタートラインに立てたこと
ありがとうございました。


応援の声は全部聞こえています。

本当にありがとうございます。


今回のレースはオリンピック選考の一つでもありました。



スポーツ選手が全員「オリンピック」を
目指しているわけでもなく
正直、私は周りの人から「オリンピック」と
言われ始めて
意識し始めた程度で

オリンピックに対しての興味は
低かったです。






オリンピックのために
自分の人生の時間、
サポートいただく方の命の時間、
練習で身体を削ること
お金、
全てを賭けるほどの魅力というか
覚悟を持てません。








小さ頃からマラソン選手に憧れ続け
オリンピックを夢見続けた陸上選手時代。



カンタンに「オリンピック」という言葉を
軽々しく使うようなものではない。






歴代のマラソン選手、陸上選手を見てきて
そう思っている自分がいます。







だからこそ
オリンピックを目標にするには
どこかでおこがましいと思っていました。





憧れ続けたマラソン選手のような
覚悟も努力も想いも
行動も環境も
自分にはまだ持てていないと
どこかでわかっていたからです。












今回のレースまでは。








今回のレース
腹立たしいレースをやって
目が覚めました。

その覚悟と目標ができました。
(今更と言われそうですが)







来年の全日本選手権優勝。



東京オリンピックを走ります。





強い人とレースがしたい。



私の初心の原動力😊
このレースで思い出させてくれました。

本当に強くて素晴らしい選手がいます。

同じ時代に!





今週末は北海道へ!
そのままベトナム🇻🇳へ!

行ってきます。




いつもありがとうございます✨

じてんしゃのそばで

サイクルロードレースをしています。 牧瀬 翼です

0コメント

  • 1000 / 1000