幸せなアスリート

乗鞍ヒルクライムの1週間前は
身体の回復力がなく
とても
ヒルクライムができるような状態では
ありませんでした。



胸郭も捻れていたように思います。
呼吸がとても苦しかった。。




そんなときに長野で
紹介していただいて(治療院?)
行ってきたトトロ先生
(本名は越中先生)
(トトロが出てきそうな場所だったので
勝手に呼ばせていただいています)笑




そこで、いただいた言葉。




「幸せなアスリートになってほしい」



という言葉。





きっと今だから
この言葉の意味を理解できると思うし
もしかしたら
もう少し人間的に成長できたら
また違う意味で理解できるカモしれないけれど


とても嬉しくなる言葉でした。




この言葉を頂けたという幸せ。






私のアタマでは、
一生出てこないであろう、
この言葉は


これからは
パクってたくさんのアスリートに贈りたいと思います。笑。







選手としてやっている間は
目に見える結果って、とても大切です。





でも私の価値観の中には
その部分よりも
もっと大切なモノがあります。





それに気づけたいまが
一番競技をしていて自転車が楽しいです。


それでも今は選手なので
結果出しますね😊

じてんしゃのそばで

サイクルロードレースをしています。 牧瀬 翼です

0コメント

  • 1000 / 1000