モチベーション

ここ一年や特に最近
質問されることが圧倒的に増えた



「モチベーションについて」


書いてみます。





私も一年に一度、目標にしている

全日本選手権も延期か中止になることが

決まったので


その上で自分のモチベーションは
どうなのか?





前回のブログに書いたように
個人的なものなので

参考にならないカモしれません。

(ならない自信がある😅)




この世の数ある考え方、
ひとつの意見として
捉えてもらえたらいいかな、

と思い、書いてみます。


まず、私は

モチベーションというもの自体を持っていません。笑


(早速、参考にならないかも😅)






「モチベーションとは何か?」

「なぜモチベーションが必要なのか?」


を考えたときに

私の中で

モチベーションは不必要だと思ったから

(私は)







何か物事をやる時に考えることのひとつで



なぜそれをやるのか?(やりたいのか)


どうしてレースをやるのか?

どうして自転車なのか?

(スポーツなら他にもたくさんあります)




これを自分自身で自分のことを

理解できたときに

モチベーションの不必要性を感じました。

私が自転車をやっているのは

「手段であり目的ではありません」



レースも、

手段であり、目的ではありません。




だから、
手段というレースがなくなっただけで
目的は変わらないので

変わらず、自分ができることを重ねています。




どうやったら速く走れるのか?


にしか興味がないので

レースがなくても、変わらない。

それは、向上心というより

探究心が今は自転車の方に向いているからで、

ただ、興味が尽きないというだけです。





身体のこの骨の位置に違和感がある

だから
身体のこの筋肉をもう少しこう使ってみたい

とか😅




乗れば、湧いてくる考えを


次の日に試して、次回に試して、反応を知る

これを繰り返すことに対する興味が

毎日、尽きないだけです。




レースがなくても

トレーニングの日に試せるので

また明日乗るのが楽しみでいます。


(昨日のトレーニングでは、

パーソナルベスト出しました。笑)


目的と手段の明確化



をすると、



感情やモチベーションといった
天気のようなコントロールできないような

(いちいち

コントロールしないといけないような)

(言い方!笑)

不確実なものに左右されず


自分の軸で、

自分の時間に想いを注いでいけるのではないか、

と個人的には考えています。


私自身がモチベーション自体を持ち合わせていないので

参考にはならないかも知れません。笑




置かれた環境の中でも、

やり方、考え方、行動は自分で選べます。



「モチベーションがない」

という状態も自分自身で

それを選ぶこともできます。


「モチベーションを持つ」

ということも選べますし



「モチベーションを持たない」

ということも選べます。



全ては自分で選ぶことができます。



自転車はたくさんの遊び方があるので、



なぜ、それをやるのか?



目的を見つけたり、探したり

(自分の内側に)してみるのも

いいかも知れません。


手段は、たくさんあります✨


モチベーションの話を書きましたが



私は、今のコロナの状況は、

長期になると考えています。

コロナだけでなく経済や世界状況において、

2年は続いていくのでは?と思います。



コロナウイルスが解決したとしても

コロナウイルスが起きる前の生活には

戻れないということも感じています。

(個人的に)


大きく変化している時期(多分、長期)に

入ったと思うので


いろいろと始めようと思っています。




こんな予想もつかない時代に入るなんて!


楽しみ感が大きくて、ワクワク。笑


今日、1日を生きていきましょう!

じてんしゃのそばで

サイクルロードレースをしている幸せなアスリート、牧瀬つばさです。 じてんしゃを通して日々感じること、考えたことを文字にしています。 トレーニングについては、noteの方に日誌として書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000